フィアー・ザ・ウォーキング・デッドS2第12話のネタバレ感想

ニックは薬を粉ミルクと混ぜて再度形成し、増量してギャングとの交渉に成功してアレハンドロより家をプレゼントされます。

そしてルシアナと恋人関係になって何だかいい感じに落ち着いてきましたね。

一方、マディもヘクターやオスカーたちと協力し合ってホテル中の感染者を追い出すことに成功。

安住の地を手にします。

S2第11話のネタバレ感想

FearTWD S2第12話塩の柱(Pillar of the Salt)ネタバレ

ルシアナの共同体で暮らすフランシスコは、妻と娘のアナを連れて町から逃げ出します。町は安全で安心して暮らす事ができる場所でしたが、アレハンドロの信仰が強く、逃亡する住民たちが増えていたのです。

しかし、町の外に出たフランシスコ一家はギャングに見つかってしまい、オキシはどこだと聞かれます。

オフェリアと婚約者(回想1)

一人ホテルを抜け出したオフェリアは、婚約者との思い出のあるレストランを訪れます。

そのレストランのテラスにはテーブルが置いてあり、海が一望できるようになっています。

そこで婚約者は、サンタフェで仕事をする事になったから一緒に来てほしいと言います。運ばれて来たワインの中には指輪が入っていましたー。

オフェリアは、行きたいけど父親と母親が居るから無理だと言います。

婚約者は、オフェリアの父・ダニエルにちゃんと頼むから・・・と言いますが、オフェリアはその前に自分から母親に話してみると言います。

オフェリアはレストランを出て車にガソリンを足し、再び出発します。

ストランド、刺されるー。

ホテルでは庭に畑を耕したり、桟橋では魚釣りをしたりと、それぞれが生活する環境を整えながら思い思いの時間を過ごします。

屋上では、マディたちが発電機を稼働させることに成功します。

アリシアは砂浜でヘクターに習いながらウィンドサーフィンの練習をしていました。

ヘクターはアリシアは今まで見たこともないような転び方をするので「ダメなのは生徒の方?それとも先生?」という話になります。

アリシアは昔からしょっちゅう転んでいて、いつもニックにバカにされていたと言います。

するとヘクターは、みんなそうだよと言って、その理由をアリシアに話します。

そしてヘクターは自分の兄弟は「クソ野郎どもと隠れ住んでる、もういないんだ」と言います。

そこへマディが飲み物を持ってやって来ます。

一口飲んでその冷たさに喜ぶアリシア・・・発電機が稼働して製氷機が使えるようになったのでしたー。

 

しかし燃料には限りがあるため、マディは発電機を稼働させる時間を決めて節約しようとみんなと約束します。

 

マディたちが部屋で今後の計画を立てていると、ドアをノックする音が聞こえます。

ストランドがドアを開けるとアリーシアが立っていて、ストランドをナイフで刺します。

「あなたが娘を殺したのよー。」

 

すぐにオスカーたちが駆けつけてきて、医学部にいたアンドレアスが傷の状態を確認。

消毒薬や抗生剤などが必要だと言います。

アイリーンは夫と娘を亡くして思い詰めていた・・・そういう話になりますが、まずは治療が先でアイリーンの事は後で決めようという話になります。

幸い、内臓は傷ついていませんでしたが傷を縫う必要がありますが、薬局は略奪されて薬はない・・・でも、エレナには心当たりがあるようでした。

ニックの町に迫る危機ー。

ニックの町では、フランシスコが居ない事が分かります。

アレハンドロはフランシスコが家族を連れて出ていく事を知っていたのではないかとルシアナを疑います。

その他にも2週間で2人の住民がありがとうもさよならもなく居なくなってしまったー、アレハンドロはルシアナからみんなに話をするように言います。

そしてニックがギャングたちにオキシを持って行かなければなりませんでしたが、アレハンドロはそれさえも許さず、誰も外に出るなと言います。

でもオキシを持って行かなければ向こうからやって来るー、ニックはアレハンドロを説得しようとしますが、アレハンドロは“壁”があるから大丈夫だと言います。

 

でもニックは、水がもっと必要だろう、アレハンドロは雨を降らす事ができないー、と言うレイナルドと一緒に取引に行くことにします。

その時、ルシアナはアレハンドロの右腕として、みんなを安心させるために住民の一人一人に話をして回っていました。

薬を取りにー。

マディはアイリーンを閉じ込めておくように言って、エレナと薬を取りに行くことにします。

2時間で戻る・・・そう約束して車に乗りますが、エレナが遅れてやって来ます。

エレナはヘクターに一緒に行くように説得していたのでした。今から薬を取りに行くのはギャングのところー、そこにヘクターの兄・アントニオが居るので帰るように説得してもらおうと思っていたのです。

しかし、家族を捨てたアントニオをヘクターは許せなかったのです。

 

マディとエレナは倉庫の前に行き、エレナが「アントニオは?エレナが来たと伝えて」と言うと、仲間に呼ばれてアントニオが出てきます。

アントニオはここに来たらダメだよと言いながら、必要なものが書かれたリストを受け取ります。

交換する物資は魚でした。

魚ならまだあるという言葉に、アントニオは必要なモノを集めに取り掛かります。

 

倉庫の2階では、フランシスコが娘を人質に取られていました。そしてその会話をエレナに通訳してもらうと、中にニックではないかと思われる男性が登場したので詳しく聞き出そうとしますが、倉庫から追い出されてしまいます。

そしてエレナも、アントニオを連れて帰ることはできませんでした。

ホテルの明かりー。

マディとエレナが薬を持って戻るまでアリシアとアンドレアスはストランドの看病をします。

アリシアはアンドレアスの指示通り、傷口を押さえながら大学病院でボランティアをしていた時に学んだという事を話します。

 

そして薬を手に入れたマディとエレナが戻って来てストランドは助かりますが、ニックに居場所を知らせるためにマディはホテルの明かりをつけてしまいます。

そのマディの行動を責めるアリシア。

そしてアリシアの「私はずっと変わらなかった。いつもそばにいる。それじゃ足りないの?」という言葉を聞いて、マディは点けていたホテルの明かりを消しますー。

FearTWD S2第12話塩の柱(Pillar of the Salt)感想

ストランドが刺されてしまいましたねー。

娘を殺したと言っても、ストランドは転化した娘さんに安らかに眠って欲しいと願ったからで、全然悪い事をしたわけではないのに、ね。

そして傷の痛みに耐えながらも口は悪く、ストランドもよっぽど痛くて、気を紛らわすために必死な様子が何とも痛々しかったです。

一方、フランシスコ。もっと上手く逃げる方法はなかったんでしょうか?

例えば取引の直後とか。

そして久々にオフェリアが登場しました。

両親想いのオフェリア・・・私なら結婚して、すぐに引っ越しちゃうけど、なんて思いながら観てしまいました。

 

そしてアレハンドロなのですが、神がかり的な要素がちょい弱め。

終末の世界とかだと、みんな信仰心が強くて言いなりになる事が多いのに、あれだけエレナに感化されたニックですらアレハンドロを疑っている。

やっぱり仲間を感染者に噛ませるのはヤバイよね(-“-)

さ、マディもニックの手がかりをつかんで、合流するのもあと少し?

やっぱり一緒の方が面白いので楽しみです♪