フィアー・ザ・ウォーキング・デッドS2第13話のネタバレ感想

前回では、ストランドが思い詰めたアイリーンに刺されて重傷を負ってしまいますが、幸いにも内臓は傷ついていなかったのでマディとエレナが取りに行った薬で治療を行い一命をとりとめます。

そして薬を取りに行ったギャングの倉庫で、マディはニックの居場所を知る手掛かりとなる人物を見つけます。しかし、話す事なく倉庫を追い出されるマディ。

その夜、マディはニックに居場所を知らせるためにホテルの明かりをつけてしまいます。

明かりをつける事に反対するアリシア。そして、アリシアの言葉でマディは明かりを消すことにしますー。

S2第12話のネタバレ感想

FearTWD S2第13話命日(Date of Death)ネタバレ

翌日、ホテルの明かりを見た人達が門の所に集まって来て「中に入れて!」と言います。
門に鍵を掛け、集まって来た人達の対応に困るマディたち。
しかし中に入れる事はせずに、何かの間違いだと言って帰ってもらおうとします・・・すると、マディはその人だかりの後ろにトラヴィスの姿を見つけます。

クリスの行方ー。

トラヴィスは農園の持ち主に足を撃たれたジェームズの傷の手当てをします。

幸いにも弾は貫通していましたが、傷は酷く納屋の隣の家の中から持ってきた針や糸、消毒薬を使って縫い、その痛みにジェームズは悲鳴を上げます。

治療を終えると、庭に4つ目のお墓を作り家主を埋葬するトラヴィスは、夜になり、みんなが焚火で鶏を焼きながら食事を始めるとジェームズの様子を見に行きます。

ジェームズは順調に回復している様子で「傷を治すためにはタンパク質だろう」と聞いてきます。
そんなジョージに具合が悪くなったら必ず知らせるように言います。

次にトラヴィスはクリスを呼びますが、クリスは家の主を銃で撃った反省を全くしていないことにトラヴィスは苛立ちます。
こんな世の中だから善も悪もない、ジョージが撃たれたのだから仕方がなかったのだと、クリスはあくまでも自分が正しいと主張します。

そして後悔もしていない、とー。

さらに、ジェームスのことを助けたのだから上手くいけばヒーローになれると、クリスはトラヴィスに言うのでしたー。

 

そして鶏を食べつくしたブランドン達は引っ越すと言います。

トラヴィスは、ジョージを今動かすのは危ないと言って引き止めようとしますが、ジェームズもまた大丈夫だと答えて一行は出発することになります。
しかし車の荷台に乗せられたジェームズは、振動で傷が痛み酷く唸ります。

そして必死になって我慢しますが気を失ったので、トラヴィスはブランドンに車を停めるように言います。
ジェームズはとても危険な状態でした。

 

農場に戻ってトラヴィスがブランドンたちの会話を外で聞いていると、ブランドンたちはジェームズを殺そうと相談していました。

トラヴィスは、血が固まるまで休ませれば治るから、それまでここで頑張って暮らそうと言いますが、ブランドンたちが聞く様子は全くありませんでした。

ジェームズを守るためにトラヴィスはずっと付き添い、なぜ置き去りにしないで殺そうとするのかと話します。

するとジェームズは、もう一人いた仲間のトロイが感染して待った時の事を話します。

そこへクリスがやって来て、トラヴィスが自分に何を教えたいのか分かったと言ってきます。

トラヴィスは「ここから連れ出してやる。何も心配はいらないよ」と言ってクリスを抱きしめますが、クリスはそのままトラヴィスを押さえ込んでブランドンたちに合図をします。

合図とともにブランドンたちは納屋に入り、ジェームズを撃ちます。

 

そしてクリスは、ブランドン達と一緒に車に乗って行ってしまいますー。

トラヴィス、ホテルの中へー

ホテルの門の隙間から、トラヴィスだけが中に入ります。

マディはクリスの行方を、トラヴィスはニックの行方を聞きますが、クリスもニックもどこにいるか分かりませんでした。

ただニックは、北のティファナだと思うとマディは言います。

 

結局トラヴィスは、二日間歩き回って海へたどり着いた時にホテルの明かりが見えてやって来たのでした。

ただ光が見えなかったら自分がしたことを誰にも話さなくても済んだー、と、マディとの再会を心から喜ぶ事はできない様子です。

マディはそんなトラヴィスを慰めますが、トラヴィスは最後にクリスに気持ちを伝えればよかったー、と後悔します。

マディの告白

マディがアリシアを探していると、ホテルの中に大勢の人たちが招き入れられていました。

オスカーたちは門の前に集まった人たちを追い返す事ができなかったのです。

一旦中に招き入れ、健康診断を行い、危険人物は排除するー、そのために、まず健康診断から行っていてアリシアは女性の傷が噛まれたものかどうか確認する作業を行っていました。

マディはアリシアに声を掛けると別の場所に連れて行き、父親の死の真相を話します。

話を聞いたアリシアは、なかなか受け入れる事ができませんでしたが、ダッシュボードに入っていたメモの内容を聞いてショックを受けます。

そんなアリシアに、マディは今までニックばかりを気にしていたのは、ニックが父親にそっくりだったから、ニックが同じ最期を迎えるんじゃないかって思っていたからだと話します。

そしてアリシアに謝るマディ。

アリシアはそんなマディに「ママ大好き。ありがとう」と言います。

FearTWD S2第13話命日(Date of Death)感想

今までばらばらになっていたマディたちですが、まずトラヴィスが合流しましたね。

これでマディも一息つけるか・・・とも思ったのですが、クリスはいないし、トラヴィスはさらに気弱になっていて頼りない雰囲気が増してる(汗。

普通、再会したら以前よりたくましくなっているものですが、この人間臭さがフィアーなのかな?とも思います。

それにしてもブランドンはムカつくし、クリスは一体何なの!!!って思ってしまう。

まー、そもそもが自分の父親が母親と別れて、別の女性の所に行ったのですから、それだけでも十分にひねくれる理由になりますけど・・・。

でも最後は、マディとアリシアの感動のシーンでしたね。

ニックやクリス、オフェリアも最後はこうやって繋がるといいなー、と思います^^